2024年春夏シーズンに向けて、最新トレンド、注目のスタイル、そしてイノベーションをお届けします。

これらの新しいバリエーションは、コレクションの30周年を祝って登場しました。他のリファレンスに加わるもので、セラミック、チタン、ゴールドなどの異なる素材を組み合わせています。この2つのモデルは、最高の人間工学を実現し、テキスタイル調のカーフスキンレザーストラップを備え、最新の自動巻きクロノグラフムーブメントであるCal.4401を搭載しています。

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ

これらの「ロイヤル オーク オフショア」は、2020年に発表された44mmモデル、Ref.26405CEを再評価したものです。オーデマピゲ コピーセラミック、ピンクゴールド、チタンなどの異なる素材を組み合わせ、コントラストを強調し、視認性を高めることに焦点を当てています。ケースのエッジはより広いポリッシュ仕上げの面取りが施され、ベゼル、ネジ込み式リュウズ、クロノグラフのプッシュピースは微妙にカーブしています。

反射防止加工が施されたサファイアクリスタルは、12時から6時の方向にわずかにカーブしており、ベゼルの曲線と滑らかに連携しています。これらのタイムピースは、セラミック素材を使用し、マニュファクチュールの品質基準を満たすためにさまざまな仕上げ技術を駆使して装飾されています。

セラミックは酸化ジルコン(ZrO2)パウダーと特殊なバインダーから構成されますが、最終的な色は1000℃ほどの高温で焼結した後に現れます。均一な色を実現することは困難で、多くの試行錯誤が必要です。部品はその後、プレポリッシュとプレサテンブラッシュで初期段階の研磨が行われ、その後、手作業でポリッシュとサテンブラッシュを組み合わせて仕上げられます。

ディープブルーまたはブライトグレーのケース

最初のモデルにはブラックセラミックケースとブルーセラミックのベゼル、プッシュプース、リュウズが魅力的に組み合わさっています。セラミック素材はオーデマ・ピゲの特徴的な手仕上げで飾られ、チタンのプッシュピースガードと組み合わされています。時計の中にスモークブルーのメガタペストリーダイアルが組み込まれており、その深いブルーは外側に向かうにつれて黒に近づいています。ダイアルには9時、6時、3時の位置に3つのサブダイアルがあり、視認性を向上させるために蓄光処理が施されたホワイトゴールドのバトン型アワーマーカーと針がダイアルを明るく照らし出しています。

2番目のモデルには18Kピンクゴールドのケースが採用されており、ベゼル、ブレスレットのリンク、プッシュピースガードは全てチタンの明るい光沢が特徴です。ブラックセラミックのリュウズ、プッシュピース、およびブラックのクロノグラフカウンターがグレーのメガタペストリーダイアルの背景に浮かび上がっています。ダイアルには蓄光処理が施されたピンクゴールドのバトン型アワーマーカーと針が配置されています。

コンテンポラリーな交換可能なカーフスキンストラップ

これらのロイヤル オーク オフショア クロノグラフは、簡単に交換可能なストラップシステムを備えています。これはオーデマ・ピゲが2021年に導入したシステムで、どちらのモデルにもエレガントで洗練されたテキスタイル調のカーフスキンレザーストラップが組み合わされています。この加工方法は非常に特異的であり、革が布に似ているように見えます。また、どちらのモデルにもスポーティなブラックラバーストラップが追加で付属しています。

完全な一体型クロノグラフ

最新の自動巻き一体型クロノグラフムーブメントであるCal.4401が搭載されています。通常のクロノグラフとは異なり、フライバッククロノグラフはプッシュピースを一度押すだけで直接リセットし、再スタートできます。コラムホイールは垂直クラッチシステムと共に動作し、クロノグラフをスタート/ストップさせるとき、秒針はブレずに瞬時に作動します。

さらに、プッシュピースの押し心地もスムーズに調整されています。特許取得済みのメカニズムにより、ゼロリセットするとカウンターの針が瞬時にゼロに戻ります。ムーブメントにはコート・ド・ジュネーブ、サーキュラーグレイン、サンレイブラッシュ、サーキュラーサテン、ポリッシュ面取りなど、洗練された仕上げが施されており、これらはすべてサファイアクリスタルのケースバックから鑑賞できます。

オーデマピゲ コピーは、直径43mmの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」に、ブラックセラミックスと18Kイエローゴールドを組み合わせた新モデルを追加した。コレクションの30周年を記念する本作は、アイコニックなケースだけではなく、メガタペストリーダイアルやストラップまで、ブラック×ゴールドのバイカラーで統一されている。

オーデマ ピゲが今回披露したのは、ロイヤル オーク オフショア コレクションの誕生30周年を祝う「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」の直径43mmモデル。本作の特徴は、ブラックセラミックのケースと、18Kイエローゴールド製のプッシュピースガード、スタッズを組み合わせ、時計全体をバイカラーで統一した新しいルックスだ。

ケースやベゼル、プッシュボタンなどに使用されるブラックセラミックは複雑な製造プロセスを必要とし、同様に複数種類の仕上げの技術が必要である。ブラックセラミックの組成は、酸化ジルコン(ZrO2)パウダーに特殊なバインダーを加えたものだが、正確な組成は企業秘密とされている。

素材は約1000°Cで焼結された後に、全体が均一に仕上がった最終的なカラーが現れます。ブラックセラミックの部品は、初めにプレポリッシュ、プレサテンブラッシュをかけて準備し、それから手作業のポリッシュ面取りとサテンブラッシュを組み合わせながら仕上げが施される。

デザイン面では、ロイヤル オーク オフショアらしいエルゴノミックなケースデザインを反映しており、コレクションで最も新しいスタイルである。ベゼルは幅広いポリッシュ面取りが輝き、ねじ込み式リュウズとクロノグラフのプッシュボタンは曲線を多用したフォルムでまとめられている。ブラックセラミック製のベゼルは6時から12時位置にかけてわずかにカーブしているのも特徴で、サファイアクリスタル製の風防に沿った形状である。

もちろん、ケースだけではなくダイアルもバイカラーだ。12時位置に配されたアプライドの“AP”のロゴはメガタペストリーの上で輝き、ポリッシュ仕上げのゴールド。ダイアル外周のブラックカウンターはホワイトとゴールドの対比で表現する。イエローゴールドの針とアワーマーカーには、ブラックラッカーの装飾が入っており、高いコントラストを生み出している。

また、本作は最新世代の自社製クロノグラフムーブメント、キャリバー4401を搭載している。スタートからストップ、リセットのアクションを1度に行うことができる、垂直クラッチ方式のフライバック機能を備えている。クロノグラフのスタートやストップ時に、秒針がブレることなく正確に動作するため高精度な計測が可能だ。加えて特許保持のゼロリセットメカニズムにより、各カウンターの針を瞬時にゼロリセットすることもできる。

セレブのトレンドセレクション
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
タグ