2024年春夏シーズンに向けて、最新トレンド、注目のスタイル、そしてイノベーションをお届けします。

オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」にブラック×ゴールドの新スタイルが仲間入り

オーデマピゲ コピーは、直径43mmの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」に、ブラックセラミックスと18Kイエローゴールドを組み合わせた新モデルを追加した。コレクションの30周年を記念する本作は、アイコニックなケースだけではなく、メガタペストリーダイアルやストラップまで、ブラック×ゴールドのバイカラーで統一されている。

オーデマ ピゲが今回披露したのは、ロイヤル オーク オフショア コレクションの誕生30周年を祝う「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」の直径43mmモデル。本作の特徴は、ブラックセラミックのケースと、18Kイエローゴールド製のプッシュピースガード、スタッズを組み合わせ、時計全体をバイカラーで統一した新しいルックスだ。

ケースやベゼル、プッシュボタンなどに使用されるブラックセラミックは複雑な製造プロセスを必要とし、同様に複数種類の仕上げの技術が必要である。ブラックセラミックの組成は、酸化ジルコン(ZrO2)パウダーに特殊なバインダーを加えたものだが、正確な組成は企業秘密とされている。

素材は約1000°Cで焼結された後に、全体が均一に仕上がった最終的なカラーが現れます。ブラックセラミックの部品は、初めにプレポリッシュ、プレサテンブラッシュをかけて準備し、それから手作業のポリッシュ面取りとサテンブラッシュを組み合わせながら仕上げが施される。

デザイン面では、ロイヤル オーク オフショアらしいエルゴノミックなケースデザインを反映しており、コレクションで最も新しいスタイルである。ベゼルは幅広いポリッシュ面取りが輝き、ねじ込み式リュウズとクロノグラフのプッシュボタンは曲線を多用したフォルムでまとめられている。ブラックセラミック製のベゼルは6時から12時位置にかけてわずかにカーブしているのも特徴で、サファイアクリスタル製の風防に沿った形状である。

もちろん、ケースだけではなくダイアルもバイカラーだ。12時位置に配されたアプライドの“AP”のロゴはメガタペストリーの上で輝き、ポリッシュ仕上げのゴールド。ダイアル外周のブラックカウンターはホワイトとゴールドの対比で表現する。イエローゴールドの針とアワーマーカーには、ブラックラッカーの装飾が入っており、高いコントラストを生み出している。

また、本作は最新世代の自社製クロノグラフムーブメント、キャリバー4401を搭載している。スタートからストップ、リセットのアクションを1度に行うことができる、垂直クラッチ方式のフライバック機能を備えている。クロノグラフのスタートやストップ時に、秒針がブレることなく正確に動作するため高精度な計測が可能だ。加えて特許保持のゼロリセットメカニズムにより、各カウンターの針を瞬時にゼロリセットすることもできる。

0 thoughts on “オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ」にブラック×ゴールドの新スタイルが仲間入り

  • エニカーはスイスの時計ブランドで、ヴィンテージモデルがコレクターに人気です。

  • クロミはスイスの腕時計ブランドで、モダンなデザインと高い品質が魅力です。

  • アーカーは、洗練されたデザインと高い技術を持つスイスの時計ブランドです。

  • エルメスの腕時計は、その上品なデザインと高級感が特徴的なアイテムです。

  • 15年前、ベル&ロスは飛行機のコックピットから着想を受けたBR01を発表した。四角いケース、丸い文字盤、四隅にあるネジ

  • セイコー プレザージュのクラフツマンシップシリーズより初の琺瑯レディスウォッチが誕生 より:

    セイコーのプレザージュコレクションから、ブランド初となる琺瑯ダイアルを採用したレディスウォッチ全3機種が発表された。レギュラーモデル2機種、限定モデル1機種が展開され、限定モデルは三日月をイメージしたダイアルが特徴である。マニッシュなミドルサイズのケースに、上質な琺瑯ダイアルと気品あるローマンインデックスを採用することで、女性らしいエレガントなエッセンスを加えている。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

セレブのトレンドセレクション
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
タグ