2024年春夏シーズンに向けて、最新トレンド、注目のスタイル、そしてイノベーションをお届けします。

1990年代に人気を博したワンダリングアワー機構が復活し、CODE 11.59に新たな仲間が加わった。

オーデマ ピゲ CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ 26396OR.OO.D002CR.02 フライング トゥールビヨン

18Kピンクゴールドのケースに、星空を思わせるブラックアヴェンチュリンエナメルダイヤルを備えた自動巻きフライングトゥールビヨン。6時位置のフライング トゥールビヨンのキャリッジが繊細なピンクゴールドカラーに光ります。極薄のベゼルのカーブにぴったりと添った複雑なダブルカーブのサファイアクリスタルが、ダイヤルの夜空を魅惑的にきらめかせます。サファイアケースバックから見ることができるオープンワークの回転錘は、ケースのカラーとマッチした22Kピンクゴールドです。アヴェンチュリンダイヤルの夢のような美しさと優れたコンプリケーションが融合した名品です。

オーデマ ピゲのCODE 11.59コレクションについて、ちょっとした前置きとしていくつかのことを整理しておこう。まずCODE 11.59は、ロイヤル オークを超える何かを目指すオーデマ ピゲの明確な商業的努力として、2019年に導入されたものである。次に、その最初の時間表示のみのCODE 11.59は、“APの未来”を示すコレクションを紹介するものとしては、ちょっと退屈だった。

今日、オーデマ ピゲはCODE 11.59コレクションの最新作、“CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ スター ホイール”を発表。CODE 11.59の最初の発表から3年以上が経過し、同コレクションは30モデル以上になったが、この新モデルは独自の視点で評価できるほど、初作からかけ離れたものとなっている。オーデマ ピゲ、そしてCODE 11.59のすべての発表が人気投票である必要はないのだ。

とはいえ、今回のCODE 11.59は今までで一番面白いかもしれない。

17世紀にローマの時計職人がローマ法王のために考案した複雑機構を搭載し、技術的な魅力と装着時の戸惑いを両立させた大胆なケース構造を持つこの時計は、本質的に奇妙な時計と言えるだろう。この時計は“次のロイヤル オーク”でも“APの未来”でもなく、ただの時計であり、それでよいのだ。

この新しいCPDE 11.59 スターホイールは、18KホワイトゴールドのCPDE 11.59ケースとブラックセラミックのミドルケースのなかに、ワンダリングアワーコンプリケーションを搭載。この時計は時間表示のみの機能を持つ。12個のワンダリングアワーディスクが文字盤上を文字通り“さまよい”(ワンダリング)、文字盤上部にある120°のミニッツトラックに沿って現在の時間が現在の分を指し示す。例えば、上の画像の時刻は10時36分頃だ。次の時間ディスクは、時間の変わり目に分トラックに到達する。実に直感的でエレガントな時刻の告げ方だ。回転するディスクは、中央のローターホイールに固定されており、それぞれディスクの中心にあるスターホイールでローターに取り付けられている。それゆえ、この名前がついたのだ。

今となっては、時計製造のあらゆるものを「ロマンティック」と呼ぶのは少々陳腐だが、本機にはそれがふさわしいのだろう。ワンダリングアワーという複雑機構そのものが時代錯誤であるだけでなく、着用者に与える影響も大きいのだ。その気になれば、文字盤を横切る各時刻の上昇と下降を、実用的なムーンフェイズのように詩的に眺めることも可能だ。その仕組みも非常にシンプル。センターローターは3時間で1回転し、アワーディスクは1時間で4分の1回転(90°)する。

セレブのトレンドセレクション
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タグ